2兆円ツアーをまわって得た不思議な感覚

これを書いている今は4月の23日。おととい21日に神戸のグッケンハイム邸でMC.sirafuさんのイベント「in da house」に出演したその帰りの、高速を走るバンの中。思えば遠くへきたものだ。誰にも知られずに川崎市の自宅でぽつりぽつりと作りはじめた音楽を詰め込んだ「2兆円」が、いろんな人の手を借りて少しずつ日本中へ広がってきた。ツアーでは長野は松本、愛知は名古屋や安城、群馬は高崎、埼玉は菖蒲町、宮城は仙台と、それらを含めて20本弱のライブをやった。

 

 

 

 

 

 

沢山ライブをすると、同じ曲を何度も何度も歌っていく訳なので、もしかしていずれ飽きるのでは?と思っていたのだけど、不思議なことに2兆円の曲たちは何度やっても面白いどころか、ツアー当初よりもフィット感がずいぶん高まってきたなという感覚すらある。

 

 

レコーディングにあわせて書き下ろしたdisc-A 9曲、これらの歌詞を書く時に特に注意したのは、自分の実感がない借りてきたような言葉や、余計な虚飾みたいなものは極力避けようということだった。知らないことを知らないままに物知り顔で歌うことがすごくイヤだった。そんなのは当たり前のことと思われるかもしれないけど、頭の中って結構適当で、油断するとすぐに知った風なことを書いて字数を埋めようとする。そうした部分は自分で聴いていてもすこしパワーが薄い気がしてしまうし、音源に残したくなかった。とにかくすべて実感をベースに言葉を組み立てた。

 

それでいて、僕の場合は基本的に人を楽しませたくて音楽をやっているので、聞く人がどういう印象を受けるのか、ということももっと意識してみようと考えた。しばらく音響やリズムやアレンジにしか着目していなかった音楽の聴き方を、歌詞の言葉がどうなっているのかという視点にシフトして改めて色んな曲を聴き漁った。いま1年前の自分のノートを遡ってみたら、歌詞を分析する際にいろいろ項目をわけるための覚え書きなどもあったりした(さっきまで忘れてた)。そうやって丁寧に歌詞を聴き込むことは高校生のときにBUMP OF CHICKENの歌詞を全暗記していたとき以来だった。

 

 

そのように、これまで気持ちの赴くまま落書きや日記のようにただ書いていた歌詞を、(それも悪くはなかったんだけど)、今回は意図的にもう一段階踏み込んで書いたので、歌詞の面からみても2兆円の曲たちは自分の中でこれまでにない強度を持たせられたように思っていたのだけど、それがツアーを経てより深く実感することになるというのは予想していなかった。

 

 

誰だって日頃の生活で体も心もいろんなコンディションの揺れがあるし、僕も普通にそう。ただうれしい楽しいだけの時もあれば、とても落ち込んでいるとき・不安な時もあり、それでもやるときはやるぞということで気持ちの土台部分を自分の力で作っていく必要がある。今日これからステージにあがるからといって、心を乱すような・自身をなくすような出来事が起こらない訳では全然ないし、特に体調が芳しくないときは心細いこと、この上ないけれど、そんなときこそ、自分のありたいスタンスを多分に詰め込んだ言葉たちが、歌おうとする僕の姿勢をも、あるべき方向へ立て直してくれている感覚がおこる。

 

僕は昔から、自分の作品であっても、完成した瞬間からそれは自分の手を離れて自立した存在としてそこにあるのだと考えるようにしていたけれど、2兆円の歌たちは単に自立しているというだけではなく、作った僕自身にも「おまえそれでいいのか?」と問うてきて、あ〜そうそうこういう風にやりたかったんだなぁと気付かせてくれている。こんな歌がいてくれてよかったと思う気持ちがわき上がり、それを歌う自分に大変なパワーがみなぎるのを感じるのだ。

 

 

以前にもまして、終わった後に熱を帯びて話しかけてくれるお客さんが増えた。音が・アレンジが・たたずまいが…みんな表面的に着目するところはそれぞれだけれど、きっとそういうみなぎるパワーを感じてくれたんだろうな、と勝手に思っているのでした。

 

 

- - - - - -

 

さて、そんな2兆円のツアーファイナルがいよいよ2週間後の5/8(火)に迫っています。渋谷WWWにてゲストアクトにスカートをお招きして開催。東郷清丸バンド演奏ではドラムあだち麗三郎さん、ベース池上加奈恵さんという経験豊富で確かな技術、それでいて遊び心の豊かなお二人が音楽的な土台をときにドッシリと、ときにウネウネと自在に作り上げてくれます。そんな音楽に乗ってみたくありませんか!とっても気持ちよいのでほんとうにオススメです。一緒に舞い上がりましょう。待ってます!

 

かなえさんとあだちさん。

 

 

- - - - - - -

東郷清丸 「2兆円ツアーファイナル」チケット販売中◎

 

 

[場所]渋谷WWW
[形態]バンド (Ba.池上加奈恵/Dr.あだち麗三郎)
[時間]19:00open/19:30start 
[料金]前売3,000円+1D/当日3,500円+1D
[共演]スカート

チケット購入リンクはコチラ↓

チケットぴあ

ローソンチケット

e+

まってま〜〜〜す◎